読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

araleパソコン教室のブログ

小江戸川越領で地味ーにお教室を開いています。(^O^)

清風亭

第一銀行二代目頭取、佐々木勇之助の古希を祝う行員さんたちの出資で建てられた。

先に紹介した「誠之堂」とは、世田谷区にあったままの位置関係で移築された。

大正15年(1926)築。建築面積は168㎡。鉄筋コンクリート造平屋建。

スペイン風の様式だ。

 

f:id:sengoku29:20170521233432j:plain

 

ベランダのアーチ。

 

f:id:sengoku29:20170521233531j:plain

 

室内には当時からの使っていたという調度や暖炉がある。

中央に鎮座ましますイギリス製のテーブルと椅子が見事な存在感。

こんな落ち着いた場所で、高級なお紅茶をいただきたーい。(^O^)

 

f:id:sengoku29:20170521233723j:plain

 

f:id:sengoku29:20170521233747j:plain

 

写真ではよく解らないが、天井の飾り模様は唐草の浮き彫りだ。

唐草模様はメソポタミアやエジプトから各地に広がり、シルクロードを経由して奈良時代に日本伝えられた。

さりげなく使われているのがうれしい。日本人の大好きな模様だ。

 

清風亭/深谷市ホームページ

 

 

誠之堂

第一銀行の初代頭取、「近代日本資本主義経済の父」、と呼ばれる渋沢栄一翁ともなると喜寿のお祝いに建物を贈られちゃうんだからすごいね。

贈り手は行員のみなさん。

大正5年(1916)に世田谷区瀬田あった同行の保養施設「清和園」の敷地に建てられた。

平成11年(1999)8月に生誕地の深谷市に移築復元される。

 

龍と鳳凰のステンドグラス。こんな洒落た室内ドアは滅多にないよね。

 

f:id:sengoku29:20170520220314j:plain

f:id:sengoku29:20170520220306j:plain

 

建築面積112㎡、煉瓦造平屋建。

外観は英国の農家を範としながらも、東洋的な意匠を多く取り入れている。中国風の日常生活を図案にしたステンドグラスもある。

 

f:id:sengoku29:20170520220449j:plain

 

風見鶏が、東・西・南・北と漢字で表されている。

 

f:id:sengoku29:20170520220458j:plain

 

誠之堂/深谷市ホームページ

 

 

旧石川組製糸西洋館

写真もレトロな感じに。(^O^)

 

登録有形文化財に指定されている。

 

f:id:sengoku29:20170520234040j:plain

 

f:id:sengoku29:20170520234553j:plain


大正10年(1921)に棟上げ。和洋の意匠で建てられた木造の迎賓館だ。

内装が素晴らしく凝っていて、よくドラマの撮影が行われている。訪れた日も玄関から無数の電気コードが伸びていた。

大大尽家にまつわる莫大な資産をめぐるサスペンスに違いない。( ̄O ̄;)

そういえば、最近2時間サスペンスドラマの放送がめっきり少なくなった。中高年主婦を敵に回したいのかテレビ局!

 

f:id:sengoku29:20170520234633j:plain

 

武蔵豊岡教会だ。

アメリカ人W・M・ヴォーリズの設計で大正12年(1923)に完成した。木造。

入間初のプロテスタントの教会。

2013年に曳家工事を行い改装され外観や雰囲気がすっかり変わってしまった。

 

 

旧石川組製糸西洋館の世界|入間市公式ホームページ

 

D51-787号

下手くそなのに性懲りも無く撮った。( ̄O ̄;)

保存されているのだから大丈夫だったけれど...。

 

軽井沢町のお隣にある御代田町の旧御代田駅で偶然に「D51」を発見。

 

f:id:sengoku29:20170517130937j:plain

 

蒸気だめと砂箱がでかい。

動輪がいかにも「鉄」って感じ。

 

 

f:id:sengoku29:20170517130947j:plain

 

運転室と石炭庫。

 

 

f:id:sengoku29:20170517130957j:plain

 

全長19.51m。

説明板によると、このD51は1943年に誕生。全1115車両の中で787番目に製造された。1954年から1971年まで木曽路(名古屋-塩尻)をひたすら走っていたんだって。中仙道に沿った風光明媚な路線だね。

 

きちんと手入れがされているようだ。

しなの鉄道で現役復帰してくれないかな。

 

信州みよた 長野県御代田町観光協会|鉄道を知る

 

碓氷峠

軽井沢へ行くには、やっぱ碓氷峠だ。R18だ。(^O^)

去年の秋以来だから、ひさしぶり。

 

f:id:sengoku29:20170511000000j:plain

 

碓氷第三橋梁でひと休み。

道路がずいぶん整備されて、走りやすくなってしまったのが残念。

若い頃、ここで運転の腕を磨いた。元気いっぱい青春していたな。(しみじみ

つづら折れのスリルを味わうのがよかった。

 

f:id:sengoku29:20170511231827j:plain

 

峠の頂上から旧碓氷峠に向う途中。

浅間山は雲に隠れていた。

左側が離山。中央浅間山の裾にぽこっと見えるのが小浅間。

 

軽井沢ぶらぶら散歩は楽しい。