araleパソコン教室のブログ

小江戸川越領で地味ーにお教室を開いています。(^O^)

保渡田古墳群 八幡塚古墳

群馬県高崎市榛名山の東南側裾野に位置するとても美しい前方後円墳だ。

古墳の取材は久しぶりなのでテンションが上がる。(笑)

 

f:id:sengoku29:20180511154519j:plain

 

古墳が造られたのが1500年くらい前。5世紀末から6世紀初頭にかけて、榛名山が大噴火を起こしたため、分厚い火砕流や土石流に覆われる。

おかげで、良好な形で遺跡や遺物が残されたというラッキーな地域なのだ。

全長188m、全幅149m。墳丘の周囲に2重の堀と1重の溝があり、4つの中島も残る。後円部では船形の石棺が見つかった。

墳丘や堤や中島のテラスには約6000本もの円筒形埴輪が並んでいたそうだ。

 

模型で見てみよう。

 

f:id:sengoku29:20180511160758j:plain

 

左上が「井出二子山古墳」、手前が「保渡田八幡塚古墳」、右側の中島のないのが「保渡田薬師塚古墳」。造られた順番も記した通り。

 

資料館に展示されている「盾持ち人埴輪」が外堤に並べられていたという。個性豊か。

 

f:id:sengoku29:20180511162423j:plain

 

出土品は、多くの種類の埴輪、ガラス製の勾玉や玉とうとう。鉄の道具や剣や金の靴。豪華な馬具も。

 

また訪れてみたいところ。

古墳のすぐ隣にある「群馬県土屋文明記念文学館」2階のレストランで、雄大榛名山を望みながら美味しいランチがいただけますよ。

 

保渡田古墳群(観光情報) | 高崎市